fc2ブログ

最新の記事一覧

12/01

kanda-yoko-web.jpg
神田キリスト教会
〒101-0021
千代田区外神田3-5-11
電話 03-3251-4981 地図

毎週日曜日
7 時 30分  聖餐式
9 時 30分  日曜学校礼拝
10 時 30分  聖餐式

毎月第3金曜日
11 時   逝去者記念礼拝

*公開の礼拝は10月10日より再開いたします。
 礼拝に出席される方は、礼拝前の検温・マスク着用・
 手指のこまめな消毒・人と人との間の距離を取って
 いただくようお願いいたします。
 また、初めて当教会にいらっしゃった方には連絡先の
 ご記入をお願いいたします。

 日曜学校は当面休止いたします。

  下町聖書の会、ランチタイムパイプオルガンコン
  サートは再開いたします。


*逝去された方々の魂の平安、感染された方々の回復、
 感染の収束をお祈りいたします。



*結婚式をご希望の方は牧師にご相談ください。

02/20

 「敵を愛しなさい」と「人を裁くな」です。並行個所はマタイ5:38~48と7:12aの「復讐してはならない」と「敵を愛しなさい」です。黄金律と言われるマタイ7:12は「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたもしなさい」であり、ルカ6:31は「人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい」です。ルカは平地の説教に、マタイは山上の説教の中にあります。敵を愛しなさいの愛するは、アガパオーで、神が人を愛するとか、人が神を愛するのに用います。本田訳は「大切にする」とします。いずれにしましても、敵を愛し大切にすることは容易ではありません。大変に困難なことです。読みながら、心が落ち着かないのは、ここに原因があると感じます。敵とは、わたしの敵です。しかしながら、時として、わたし自身が誰かの敵になる場合があります。少なくとも、わたしは悪口を言う者や侮辱する者に直ぐになることができます。その時、わたしは憎まれて平気でいられるでしょうか。わたしは、あなたの敵であっても、悪口を言う者であっても、侮辱する者であっても、憎まれるよりは愛し大切にしてもらいたい。人にしてもらいたいと思うことは、人にもするのです。「いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深い」のです。その方は「あなたがたも憐れみ深い者となりなさい」と言われます。

顕現後第7主日(C年)
 創世記 45章3~11, 21~28節
 詩編 第37編3~9節
 コリントの信徒への手紙一 15章35~38, 42~50節
 ルカによる福音書 6章27~38節

<特祷>
神よ、あなたは、愛がなければどのような行いも益がな
く、愛は平和とすべての徳のきずなであり、愛のない人は
主の前では死人に等しい、と教えてくださいました。どう
か聖霊を送り、この最もすぐれた賜物をわたしたちの心に
注いでください。独りのみ子イエス・キリストによってお
聞きください。アーメン

<旧約聖書> 創世記 45章3~11, 21~28節
3 ヨセフは、兄弟たちに言った。
  「わたしはヨセフです。お父さんはまだ生きておら
  れますか。」
  兄弟たちはヨセフの前で驚きのあまり、答えることが
  できなかった。
4 ヨセフは兄弟たちに言った。
  「どうか、もっと近寄ってください。」
  兄弟たちがそばへ近づくと、ヨセフはまた言った。
  「わたしはあなたたちがエジプトへ売った弟のヨセ
  フです。
5 しかし、今は、わたしをここへ売ったことを悔やんだ
  り、責め合ったりする必要はありません。命を救うた
  めに、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしに
  なったのです。
6 この二年の間、世界中に飢饉が襲っていますが、まだ
  これから五年間は、耕すこともなく、収穫もないで
  しょう。
7 神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったの
  は、この国にあなたたちの残りの者を与え、あなたた
  ちを生き永らえさせて、大いなる救いに至らせるため
  です。
8 わたしをここへ遣わしたのは、あなたたちではなく、
  神です。神がわたしをファラオの顧問、宮廷全体の
  主、エジプト全国を治める者としてくださったので
  す。
9 急いで父上のもとへ帰って、伝えてください。『息子
  のヨセフがこう言っています。神が、わたしを全エジ
  プトの主としてくださいました。ためらわずに、わた
  しのところへおいでください。
10そして、ゴシェンの地域に住んでください。そうすれ
  ばあなたも、息子も孫も、羊や牛の群れも、そのほか
  すべてのものも、わたしの近くで暮らすことができま
  す。
11そこでのお世話は、わたしがお引き受けいたします。
  まだ五年間は飢饉が続くのですから、父上も家族も、
  そのほかすべてのものも、困ることのないようになさ
  らなければいけません。』
21イスラエルの息子たちはそのとおりにした。ヨセフ
  は、ファラオの命令に従って、彼らに馬車を与え、ま
  た道中の食糧を与えた。
22ヨセフは更に、全員にそれぞれ晴れ着を与えたが、特
  にベニヤミンには銀三百枚と晴れ着五枚を与えた。
23父にも、エジプトの最良のものを積んだろば十頭と、
  穀物やパン、それに父の道中に必要な食糧を積んだ雌
  ろば十頭を贈った。
24いよいよ兄弟たちを送り出すとき、出発にあたってヨ
  セフは、「途中で、争わないでください」と言った。
25兄弟たちはエジプトからカナン地方へ上って行き、父
  ヤコブのもとへ帰ると、
26直ちに報告した。
  「ヨセフがまだ生きています。しかも、エジプト全国
  を治める者になっています。」
  父は気が遠くなった。彼らの言うことが信じられな
  かったのである。
27彼らはヨセフが話したとおりのことを、残らず父に語
  り、ヨセフが父を乗せるために遣わした馬車を見せ
  た。父ヤコブは元気を取り戻した。
28イスラエルは言った。
  「よかった。息子ヨセフがまだ生きていたとは。わた
  しは行こう。死ぬ前に、どうしても会いたい。」

<詩編> 第37編3~9節
3 主に寄り頼み、良い業に励み || 約束の地を住まいと
  し、真実を糧とせよ
4 主のうちにあって喜べ || 神はあなたの心の願いをか
  なえられる
5 歩む道を主にゆだねよ || 主に信頼すれば成し遂げて
  くださる
6 あなたの正しさを光のように輝かし || あなたの公正
  を真昼のように明らかにされる
7 主のみ前に心を鎮め、耐え忍んで神を待ち望め || 栄
  華の道を行く者、悪だくみを謀る者に心を悩ますな
8 怒りを鎮め、憤りを捨てよ || 心を悩ますな、それは
  ただ悪の道へ導く
9 悪を行う者は滅ぼされ || 主に希望を置く人は地を受
  け継ぐ

<使徒書> コリントの信徒への手紙一
     15章35~38, 42~50節
35しかし、死者はどんなふうに復活するのか、どんな体
  で来るのか、と聞く者がいるかもしれません。
36愚かな人だ。あなたが蒔くものは、死ななければ命を
  得ないではありませんか。
37あなたが蒔くものは、後でできる体ではなく、麦であ
  れ他の穀物であれ、ただの種粒です。
38神は、御心のままに、それに体を与え、一つ一つの種
  にそれぞれ体をお与えになります。
42死者の復活もこれと同じです。蒔かれるときは朽ちる
  ものでも、朽ちないものに復活し、
43蒔かれるときは卑しいものでも、輝かしいものに復活
  し、蒔かれるときには弱いものでも、力強いものに復
  活するのです。
44つまり、自然の命の体が蒔かれて、霊の体が復活する
  のです。自然の命の体があるのですから、霊の体もあ
  るわけです。
45「最初の人アダムは命のある生き物となった」と書い
  てありますが、最後のアダムは命を与える霊となった
  のです。
46最初に霊の体があったのではありません。自然の命の
  体があり、次いで霊の体があるのです。
47最初の人は土ででき、地に属する者であり、第二の人
  は天に属する者です。
48土からできた者たちはすべて、土からできたその人に
  等しく、天に属する者たちはすべて、天に属するその
  人に等しいのです。
49わたしたちは、土からできたその人の似姿となってい
  るように、天に属するその人の似姿にもなるのです。
50兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神
  の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちない
  ものを受け継ぐことはできません。

<福音書> ルカによる福音書 6章27~38節
27「しかし、わたしの言葉を聞いているあなたがたに
  言っておく。敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切に
  しなさい。
28悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者
  のために祈りなさい。
29あなたの頬を打つ者には、もう一方の頬をも向けなさ
  い。上着を奪い取る者には、下着をも拒んではならな
  い。
30求める者には、だれにでも与えなさい。あなたの持ち
  物を奪う者から取り返そうとしてはならない。
31人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい。
32自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがた
  にどんな恵みがあろうか。罪人でも、愛してくれる人
  を愛している。
33また、自分によくしてくれる人に善いことをしたとこ
  ろで、どんな恵みがあろうか。罪人でも同じことをし
  ている。
34返してもらうことを当てにして貸したところで、どん
  な恵みがあろうか。罪人さえ、同じものを返してもら
  おうとして、罪人に貸すのである。
35しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いこと
  をし、何も当てにしないで貸しなさい。そうすれば、
  たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと
  高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いか
  らである。
36あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐
  れみ深い者となりなさい。」
37「人を裁くな。そうすれば、あなたがたも裁かれるこ
  とがない。人を罪人だと決めるな。そうすれば、あな
  たがたも罪人だと決められることがない。赦しなさ
  い。そうすれば、あなたがたも赦される。
38与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられ
  る。押し入れ、揺すり入れ、あふれるほどに量りをよ
  くして、ふところに入れてもらえる。あなたがたは自
  分の量る秤で量り返されるからである。」

*引用
 特祷、詩編:日本聖公会発行 『祈祷書』
 第1朗読、第2朗読、福音書:
  日本聖書協会発行 『聖書 新共同訳』

02/13

 「おびただしい病人をいやす」と「幸いと不幸」です。並行個所はマタイ4:23~5:12で「おびただしい病人をいやす」は同じ題ですが、マタイは「山上の説教(五~七章)を始める」とあります。ルカは6:17に「山から下りて、平地に」とありますので、ルカは平地の説教と言われます。ルカ六章の最後まで続きます。マタイの山上の説教は、ガリラヤ湖畔のカファルナウムの丘陵で行われました。マタイは八つの幸いがあり八福とも言われ、ここに八福の教会があります。ルカは「幸いと不幸」で四つづつの幸いと不幸があります。新しい聖書は「幸いと災い」としました。マタイは「心の貧しい人々は、幸いである」としていますが、ルカは「心の」を取って「貧しい人々は、幸いである」としました。本田訳はマタイを「心底貧しい人たちは」としました。ルカの「貧しい人々は」も徹底した貧しさです。富んでいる人は、或いは富を目指している人は、神の恵みと救いを待ち望んではいません。目に見える物に豊かになろうとしているだけです。富んでいる人は、イエスが最も大事と言われる神と隣人を自分のように愛し大切にするという神の国を望んでいません。神の国を求めている徹底した貧しい人だけに、神の国が与えられます。イエスは豊かな貧しさの中に生きられました。豊かさと貧しさの逆転です。

顕現後第6主日(C年)
 エレミヤ書 17章5~10節
 詩編 第1編
 コリントの信徒への手紙一 15章12~20節
 ルカによる福音書 6章17~26節

<特祷>
永遠にいます全能の神よ、み子イエス・キリストは病気の
人をいやし、健やかな命を回復されました。憐れみをもっ
てこの世の悩みを顧み、いやしのみ力によって、人びとと
国々とを健全なものとしてください。主イエス・キリスト
によってお願いいたします。アーメン

<旧約聖書> エレミヤ書 17章5~10節
5 主はこう言われる。
  呪われよ、人間に信頼し、肉なる者を頼みとし
  その心が主を離れ去っている人は。
6 彼は荒れ地の裸の木。
  恵みの雨を見ることなく
  人の住めない不毛の地
  炎暑の荒れ野を住まいとする。
7 祝福されよ、主に信頼する人は。
  主がその人のよりどころとなられる。
8 彼は水のほとりに植えられた木。
  水路のほとりに根を張り
  暑さが襲うのを見ることなく
  その葉は青々としている。
  干ばつの年にも憂いがなく
  実を結ぶことをやめない。
9 人の心は何にもまして、とらえ難く病んでいる。
  誰がそれを知りえようか。
10心を探り、そのはらわたを究めるのは
  主なるわたしである。
  それぞれの道、業の結ぶ実に従って報いる。

<詩編> 第1編
1 幸せな人、それは神に逆らう者の謀りごとに歩まず
  || 罪人の道に立たず、あざける者とともに座らない
  人
2 主のおきてを喜び || そのおきてを昼も夜も思う人
3 流れのほとりに植えられた木のように || 時が来れば
  実を結び
4 葉もしおれることがなく || この人は何をしてもすべ
  ては実る
5 神に逆らう者はそうではなく || 風に飛ばされるもみ
  殻
6 神に逆らう者は審きに耐えられず || 罪人は神に従う
  者の集いに耐えられない
7 神に従う者の道は神に守られ || 神に逆らう者の道は
  滅びに至る

<使徒書> コリントの信徒への手紙一 15章12~20節
12キリストは死者の中から復活した、と宣べ伝えられて
  いるのに、あなたがたの中のある者が、死者の復活な
  どない、と言っているのはどういうわけですか。
13死者の復活がなければ、キリストも復活しなかったは
  ずです。
14そして、キリストが復活しなかったのなら、わたした
  ちの宣教は無駄であるし、あなたがたの信仰も無駄で
  す。
15更に、わたしたちは神の偽証人とさえ見なされます。
  なぜなら、もし、本当に死者が復活しないなら、復活
  しなかったはずのキリストを神が復活させたと言っ
  て、神に反して証しをしたことになるからです。
16死者が復活しないのなら、キリストも復活しなかった
  はずです。
17そして、キリストが復活しなかったのなら、あなたが
  たの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお罪の中に
  あることになります。
18そうだとすると、キリストを信じて眠りについた人々
  も滅んでしまったわけです。
19この世の生活でキリストに望みをかけているだけだと
  すれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者
  です。
20しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠り
  についた人たちの初穂となられました。

<福音書> ルカによる福音書 6章17~26節
17イエスは彼らと一緒に山から下りて、平らな所にお立
  ちになった。大勢の弟子とおびただしい民衆が、ユダ
  ヤ全土とエルサレムから、また、ティルスやシドンの
  海岸地方から、
18イエスの教えを聞くため、また病気をいやしていただ
  くために来ていた。汚れた霊に悩まされていた人々も
  いやしていただいた。
19群衆は皆、何とかしてイエスに触れようとした。イエ
  スから力が出て、すべての人の病気をいやしていたか
  らである。
20さて、イエスは目を上げ弟子たちを見て言われた。
   「貧しい人々は、幸いである、
   神の国はあなたがたのものである。
21 今飢えている人々は、幸いである、
   あなたがたは満たされる。
   今泣いている人々は、幸いである、
   あなたがたは笑うようになる。
22 人々に憎まれるとき、また、人の子のために追い出
  され、ののしられ、汚名を着せられるとき、あなたが
  たは幸いである。
23その日には、喜び踊りなさい。天には大きな報いがあ
  る。この人々の先祖も、預言者たちに同じことをした
  のである。
24 しかし、富んでいるあなたがたは、不幸である、
   あなたがたはもう慰めを受けている。
25 今満腹している人々、あなたがたは、不幸である、
   あなたがたは飢えるようになる。
   今笑っている人々は、不幸である、
   あなたがたは悲しみ泣くようになる。
26 すべての人にほめられるとき、あなたがたは不幸で
  ある。この人々の先祖も、偽預言者たちに同じことを
  したのである。」

*引用
 特祷、詩編:日本聖公会発行 『祈祷書』
 第1朗読、第2朗読、福音書:
  日本聖書協会発行 『聖書 新共同訳』

02/06

 「漁師を弟子にする」です。並行個所はマタ4:18~22とマルコ1:16~20の「四人の漁師を弟子にする」です。マタイとマルコには、シモンがイエスの言葉に従った大漁の話はありません。ヨハネの21章には、復活されたイエスの言葉に従った大漁の話があります。漁師という語は、マタイ4:18,19、マルコ1:16,17そしてルカ5:2に五回あります。ルカ5:10「人間をとる漁師」とありますが、漁師はありません。シモンはイエスに言われて、お言葉ですからとしぶしぶ網をおろします。これが罪深い人間です。二艘の舟が沈みそうな大漁でした。「おびただしい魚がかかり」には、魚の群れが省略されています。群れには、民とか住民という意味もあります。漁師は、生きている魚を捕って殺して食べられるようにします。イエスはシモンに「恐れるな。今から後、あなたは人間をとる漁師になる」と言われます。原文は、「あなたは人間を生け捕るだろう」です。生け捕るは、ゾォーグレオーでゾォーエイの命とアクレオーの捕るの合成語です。漁師は、生きている魚を捕って殺して食べられるようにします。弟子たちは、神の言葉を求めて生きようとしている人を、福音でより豊かに生き生きとさせます。シモンが福音と出会い、すべてのものを残してイエスに聴き従います。シモン・ペトロは漁師から宣教師とされました。

顕現後第5主日(C年)
 士師記 6章11~24a節
 詩編 第85編7~13節
 コリントの信徒への手紙一 15章1~11節
 ルカによる福音書 5章1~11節

<特祷>
主よ、あなたに呼び求める民を慈しみ、その祈りをお受け
ください。どうか、行うべきことを悟る知恵と、それを忠
実に成し遂げる恵みと力をお与えください。主イエス・キ
リストによってお願いいたします。 アーメン

<旧約聖書> 士師記 6章11~24a節
11さて、主の御使いが来て、オフラにあるテレビンの木
  の下に座った。これはアビエゼルの人ヨアシュのもの
  であった。その子ギデオンは、ミディアン人に奪われ
  るのを免れるため、酒ぶねの中で小麦を打っていた。
12主の御使いは彼に現れて言った。「勇者よ、主はあな
  たと共におられます。」
13ギデオンは彼に言った。「わたしの主よ、お願いしま
  す。主なる神がわたしたちと共においでになるのでし
  たら、なぜこのようなことがわたしたちにふりかかっ
  たのですか。先祖が、『主は、我々をエジプトから導
  き上られたではないか』と言って語り伝えた、驚くべ
  き御業はすべてどうなってしまったのですか。今、主
  はわたしたちを見放し、ミディアン人の手に渡してし
  まわれました。」
14主は彼の方を向いて言われた。「あなたのその力を
  もって行くがよい。あなたはイスラエルを、ミディア
  ン人の手から救い出すことができる。わたしがあなた
  を遣わすのではないか。」
15彼は言った。「わたしの主よ、お願いします。しか
  し、どうすればイスラエルを救うことができましょ
  う。わたしの一族はマナセの中でも最も貧弱なもので
  す。それにわたしは家族の中でいちばん年下の者で
  す。」
16主は彼に言われた。「わたしがあなたと共にいるか
  ら、あなたはミディアン人をあたかも一人の人を倒す
  ように打ち倒すことができる。」
17彼は言った。「もし御目にかないますなら、あなたが
  わたしにお告げになるのだというしるしを見せてくだ
  さい。
18どうか、わたしが戻って来るまでここを離れないでく
  ださい。供え物を持って来て、御前におささげします
  から。」主は、「あなたが帰って来るまでここにい
  る」と言われた。
19ギデオンは行って、子山羊一匹、麦粉一エファの酵母
  を入れないパンを調え、肉を籠に、肉汁を壺に入れ、
  テレビンの木の下にいる方に差し出した。
20神の御使いは、「肉とパンを取ってこの岩の上に置
  き、肉汁を注ぎなさい」と言った。ギデオンはそのと
  おりにした。
21主の御使いは、手にしていた杖の先を差し伸べ、肉と
  パンに触れた。すると、岩から火が燃え上がり、肉と
  パンを焼き尽くした。主の御使いは消えていた。
22ギデオンは、この方が主の御使いであることを悟っ
  た。ギデオンは言った。「ああ、主なる神よ。わたし
  は、なんと顔と顔を合わせて主の御使いを見てしまい
  ました。」
23主は彼に言われた。「安心せよ。恐れるな。あなたが
  死ぬことはない。」
24aギデオンはそこに主のための祭壇を築き、「平和の
  主」と名付けた。

<詩編> 第85編7~13節
7 主よ、あなたの慈しみを示し || わたしたちに救いを
  与えてください
8 神の語られる言葉を聞こう || 主はその民、聖徒た
  ち、神に信頼する人に平和を約束される
9 救いは神を畏れる人に近く || 栄光はわたしたちの地
  に住む
10慈しみとまことはともに会い || 正義と平和は抱き合
  う
11まことは地から芽生え || 正義は天から見守る
12主はみ恵みを注ぎ || 地は豊かに実る
13正義は神のみ前を進み || 神の歩む道を備える

<使徒書> コリントの信徒への手紙一 15章1~11節
1 兄弟たち、わたしがあなたがたに告げ知らせた福音
  を、ここでもう一度知らせます。これは、あなたがた
  が受け入れ、生活のよりどころとしている福音にほか
  なりません。
2 どんな言葉でわたしが福音を告げ知らせたか、しっか
  り覚えていれば、あなたがたはこの福音によって救わ
  れます。さもないと、あなたがたが信じたこと自体
  が、無駄になってしまうでしょう。
3 最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたの
  は、わたしも受けたものです。すなわち、キリスト
  が、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために
  死んだこと、
4 葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目
  に復活したこと、
5 ケファに現れ、その後十二人に現れたことです。
6 次いで、五百人以上もの兄弟たちに同時に現れまし
  た。そのうちの何人かは既に眠りについたにしろ、大
  部分は今なお生き残っています。
7 次いで、ヤコブに現れ、その後すべての使徒に現れ、
8 そして最後に、月足らずで生まれたようなわたしにも
  現れました。
9 わたしは、神の教会を迫害したのですから、使徒たち
  の中でもいちばん小さな者であり、使徒と呼ばれる値
  打ちのない者です。
10神の恵みによって今日のわたしがあるのです。そし
  て、わたしに与えられた神の恵みは無駄にならず、わ
  たしは他のすべての使徒よりずっと多く働きました。
  しかし、働いたのは、実はわたしではなく、わたしと
  共にある神の恵みなのです。
11とにかく、わたしにしても彼らにしても、このように
  宣べ伝えているのですし、あなたがたはこのように信
  じたのでした。

<福音書> ルカによる福音書 5章1~11節
1 イエスがゲネサレト湖畔に立っておられると、神の言
  葉を聞こうとして、群衆がその周りに押し寄せて来
  た。
2 イエスは、二そうの舟が岸にあるのを御覧になった。
  漁師たちは、舟から上がって網を洗っていた。
3 そこでイエスは、そのうちの一そうであるシモンの持
  ち舟に乗り、岸から少し漕ぎ出すようにお頼みになっ
  た。そして、腰を下ろして舟から群衆に教え始められ
  た。
4 話し終わったとき、シモンに、「沖に漕ぎ出して網を
  降ろし、漁をしなさい」と言われた。
5 シモンは、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しまし
  たが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですか
  ら、網を降ろしてみましょう」と答えた。
6 そして、漁師たちがそのとおりにすると、おびただし
  い魚がかかり、網が破れそうになった。
7 そこで、もう一そうの舟にいる仲間に合図して、来て
  手を貸してくれるように頼んだ。彼らは来て、二そう
  の舟を魚でいっぱいにしたので、舟は沈みそうになっ
  た。
8 これを見たシモン・ペトロは、イエスの足もとにひれ
  伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたし
  は罪深い者なのです」と言った。
9 とれた魚にシモンも一緒にいた者も皆驚いたからであ
  る。
10シモンの仲間、ゼベダイの子のヤコブもヨハネも同様
  だった。すると、イエスはシモンに言われた。「恐れ
  ることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師に
  なる。」
11そこで、彼らは舟を陸に引き上げ、すべてを捨ててイ
  エスに従った。

*引用
 特祷、詩編:日本聖公会発行 『祈祷書』
 第1朗読、第2朗読、福音書:
  日本聖書協会発行 『聖書 新共同訳』

01/30

 先主日の4:21から今日の福音書が始まります。故郷のナザレの人々は、イエスの恵み深い言葉に驚きますが、「この人は、ヨセフの子ではないか」と言います。マタイとマルコの並行個所には「この人はどこからこのような知恵と奇跡を得たのか。この人は大工の息子で、その兄弟姉妹は、我々と一緒に住んでいるではないか」と言っています。「人々はイエスにつまずいた」とあります。ルカは独自に「医者よ、自分自身を治せ」と「郷里のここでもしてくれ」を加筆します。「預言者は、自分の郷里では歓迎されないものだ」は三つの共観福音書に共通してあります。サレプタのやもめとシリア人ナアマンはルカだけです。ナザレの人々は怒ります。ナザレは山に囲まれた盆地で、イエスを崖から突き落とそうとします。マタイとマルコは、人々が不信仰だったので奇跡を行うことができなかったとあります。ナザレの人々は、イエスの恵み深い言葉に驚きますが、ヨセフの子に負けるわけにはいきません。イエスを貶めて、自分たちを高めます。人々の不信仰にイエスの奇跡はありません。イエスは「預言者は、自分の故郷では歓迎されない」と謙遜されます。ここに奇跡があります。カファルナウムの人々は、イエスの教えに驚き、イエスの言葉の中に権威を認めます。謙る神であるイエスと人々の信仰が奇跡を現します。

顕現後第4主日(C年)
 エレミヤ書 1章4~10節
 詩編 第71編1~6, 15~17節
 コリントの信徒への手紙一 14章12~20節
 ルカによる福音書 4章21~32節

<特祷>
神よ、あなたはみ子を世に現して、悪魔の業を滅ぼし、わ
たしたちを神の子、永遠の命を継ぐ者としてくださいまし
た。どうかこの希望によって自らを清く保ち、み子が栄光
とみ力をもって再び来られる時、み姿に似る者とならせて
ください。父と聖霊とともに一体であって世々に生き支配
しておられる主イエス・キリストによってお願いいたしま
す。アーメン

<第1朗読> エレミヤ書 1章4~10節
4 主の言葉がわたしに臨んだ。
5 「わたしはあなたを母の胎内に造る前から
  あなたを知っていた。
  母の胎から生まれる前に
  わたしはあなたを聖別し
  諸国民の預言者として立てた。」
6 わたしは言った。
  「ああ、わが主なる神よ
  わたしは語る言葉を知りません。
  わたしは若者にすぎませんから。」
7 しかし、主はわたしに言われた。
  「若者にすぎないと言ってはならない。
  わたしがあなたを、だれのところへ
  遣わそうとも、行って
  わたしが命じることをすべて語れ。
8 彼らを恐れるな。
  わたしがあなたと共にいて
  必ず救い出す」と主は言われた。
9 主は手を伸ばして、わたしの口に触れ
  主はわたしに言われた。
  「見よ、わたしはあなたの口に
  わたしの言葉を授ける。
10見よ、今日、あなたに
  諸国民、諸王国に対する権威をゆだねる。
  抜き、壊し、滅ぼし、破壊し
  あるいは建て、植えるために。」

<詩編> 第71編1~6, 15~17節
1 主よ、あなたのもとにわたしは逃れる || とこしえに
  恥を受けないように
2 あなたの正義でわたしを救い || あなたの耳をわたし
  に傾け、助け出してください
3 身を避ける岩、わたしを救う砦となってください || 
  あなたはわたしの岩、わたしの城
4 わたしの神よ、あなたに逆らう者から || 不正を行う
  残虐な者の手からわたしを救ってください
5 主よ、あなたはわたしの希望 || 主よ、あなたはわた
  しの若いときからの支え
6 わたしが生まれたときから、あなたはわたしの寄りど
  ころ || あなたはわたしを母の胎から取り出してくだ
  さった。わたしはいつもあなたをたたえる
15わたしは昼も夜もあなたの正義と || 救いのみ業を告
  げ知らせる
16主の力あるみ業を語り || 主よ、あなたのものである
  正義をわたしはほめ歌う
17あなたは若いときからわたしを導いてくださった || 
  わたしは今も、あなたの不思議なみ業を告げ知らせる

<第2朗読> コリントの信徒への手紙一 14章12~20節
12あなたがたの場合も同じで、霊的な賜物を熱心に求め
  ているのですから、教会を造り上げるために、それを
  ますます豊かに受けるように求めなさい。
13だから、異言を語る者は、それを解釈できるように祈
  りなさい。
14わたしが異言で祈る場合、それはわたしの霊が祈って
  いるのですが、理性は実を結びません。
15では、どうしたらよいのでしょうか。霊で祈り、理性
  でも祈ることにしましょう。霊で賛美し、理性でも賛
  美することにしましょう。
16さもなければ、仮にあなたが霊で賛美の祈りを唱えて
  も、教会に来て間もない人は、どうしてあなたの感謝
  に「アーメン」と言えるでしょうか。あなたが何を
  言っているのか、彼には分からないからです。
17あなたが感謝するのは結構ですが、そのことで他の人
  が造り上げられるわけではありません。
18わたしは、あなたがたのだれよりも多くの異言を語れ
  ることを、神に感謝します。
19しかし、わたしは他の人たちをも教えるために、教会
  では異言で一万の言葉を語るより、理性によって五つ
  の言葉を語る方をとります。
20兄弟たち、物の判断については子供となってはいけま
  せん。悪事については幼子となり、物の判断について
  は大人になってください。
 
<福音書> ルカによる福音書 4章21~32節
21そこでイエスは、「この聖書の言葉は、今日、あなた
  がたが耳にしたとき、実現した」と話し始められた。
22皆はイエスをほめ、その口から出る恵み深い言葉に驚
  いて言った。「この人はヨセフの子ではないか。」
23イエスは言われた。「きっと、あなたがたは、『医者
  よ、自分自身を治せ』ということわざを引いて、『カ
  ファルナウムでいろいろなことをしたと聞いたが、郷
  里のここでもしてくれ』と言うにちがいない。」
24そして、言われた。「はっきり言っておく。預言者
  は、自分の故郷では歓迎されないものだ。
25確かに言っておく。エリヤの時代に三年六か月の間、
  雨が降らず、その地方一帯に大飢饉が起こったとき、
  イスラエルには多くのやもめがいたが、
26エリヤはその中のだれのもとにも遣わされないで、シ
  ドン地方のサレプタのやもめのもとにだけ遣わされ
  た。
27また、預言者エリシャの時代に、イスラエルには重い
  皮膚病を患っている人が多くいたが、シリア人ナアマ
  ンのほかはだれも清くされなかった。」
28これを聞いた会堂内の人々は皆憤慨し、
29総立ちになって、イエスを町の外へ追い出し、町が
  建っている山の崖まで連れて行き、突き落とそうとし
  た。
30しかし、イエスは人々の間を通り抜けて立ち去られ
  た。
31イエスはガリラヤの町カファルナウムに下って、安息
  日には人々を教えておられた。
32人々はその教えに非常に驚いた。その言葉には権威が
  あったからである。

*引用
 特祷、詩編:日本聖公会発行 『祈祷書』
 第1朗読、第2朗読、福音書:
  日本聖書協会発行 『聖書 新共同訳』

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード