2017年06月11日の記事一覧

06/11

 コリントの教会には問題が多く、パウロはたびたび苦言を呈しています。しかし本当なら皆が自分の弱さを知って謙虚になり、各自の使命を自覚して欲しいと願っています。権威の目的は「壊す」ことではなく「造り上げる」ことだとパウロは語ります。不都合なものを排除するのではなく、ともに歩む仲間として互いに最善を尽くせるように権威が用いられる必要があります。それは患部を切り取る外科医ではなく免疫力の改善に務める内科医のような心と言えるでしょう。患者に傾聴し心とからだ全体の様子に配慮する名医のように、権威を与えられた者は偏りのない優れた観察者でなければなりません。そのようなリーダーであったパウロは、信徒たちにもそうあって欲しいと願っているのです。

三位一体主日・聖霊降臨後第1主日 A年
 創世記 1章1節~2章3節
 詩編 150編
 コリントの信徒への手紙二 13章(5~10), 11~13節
 マタイによる福音書 28章16~20節
トップへ | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード