最新2017年07月の記事一覧

07/16

 「『種を蒔く人』のたとえ」と「『種を蒔く人』のたとえの説明」とあります。主イエスは、湖のほとりに座って教えようとしたのですが、群衆が余りにも大勢なので舟に乗って座り教えました。教える人は座り、教えを受ける人は立ちます。ユダヤの種蒔きは、耕してから畑に蒔くのではなく種を蒔き終わってから耕します。種を蒔いたところが畑になります。道はあるのではなく、人が歩くから道になります。石地や茨であっても種を蒔いて耕せば畑になります。種蒔く人は、ところかまわず種を蒔きます。ここは道だから、石地、茨だから蒔かないとは言いません。たまたま良い土地に落ちた種は百倍、六十倍、三十倍になります。
 18~23節のたとえの説明は、イエスが言われたのではなく初代教会が記したものです。「良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて悟る人」とあります。良い土地になれるように努力しましょうとなりますと福音ではなく道徳になるような気がします。福音とは、道であっても、石地、茨でも、種蒔く人は種(福音)を蒔いてくださることです。種を蒔かれると、土地は芽を出させようと変わります。

聖霊降臨後第6主日 A年 特定10
 イザヤ書 55章1~5, 10~13節
 第65編9~13節
 ローマの信徒への手紙 8章9~17節
 マタイによる福音書 13章1~9, 18~23節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード