2017年10月08日の記事一覧

10/08

  「『ぶどう園と農夫』のたとえ」は寓話です。神殿の境内で、イエスが祭司長たちに話していた続きです。23節以下に権威の議論があり、次に二人の息子のたとえ、そして今日の寓話です。話していた相手は祭司長たちです。ある家の主人が完備したぶどう園をつくり、農夫たちに貸して遠くの自分の屋敷に帰ります。収穫の時期なので、貸賃の収穫を受け取るために僕たちを送ります。僕たちは袋だたきや殺されます。二度目も同じでした。最後に、主人は自分の独り子なら敬ってくれるだろうと送ります。しかし、農夫たちは「これは跡取りだから、殺して、彼の相続財産を自分たちのものにしよう」と相談して、ぶどう園の外にほうり出して殺します。イエスは「ぶどう園の主人は、この農夫たちをどうするだろうか」と祭司長たちに質問します。彼らは「その悪人たちをひどい目に遭わせて殺し、ぶどう園を季節ごとに収穫を納めるほかの農夫たちに貸すにちがいない」と心ならずも本音で応えます。主人の僕たちを殺したのは自分たちです。主人は、どのような目に遭わせられてもぶどう園を貸したいのです。そして、その収穫を分かち合いたいのです。分かち合うと増えていくのが神の愛なのです。

聖霊降臨後第18主日 A年 特定22
 イザヤ書 5章1~7節
 詩編 第80編14~19節
 フィリピの信徒への手紙 3章13~21節
 マタイによる福音書 21章33~43説
トップへ | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード