01/01

 孤独感や不安に覆われていても、わたしたちは「共に喜び、共に泣く人」の存在に気づく時になぐさめられ、望みを見出します。共に喜び、共に泣ける自分であることにキリスト者の平和があります。

 キリストの誕生は、「共におられる主」の誕生です。キリストの十字架の死は、共におられる主の実現です。「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいる」と福音は告げます。

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード