09/21

「今、わたしの命を取ってください。生きているよりも死ぬ方がましです。」と怒るヨナの訴えは、「わたしには、こうなることが分かっていました。あなたは、恵みと憐れみの神であり、忍耐深く、慈しみに富み、災いをくだそうとしても思い直される方です。」と言うことでした。主は言われた。「お前は、自分で労することも育てることもなく、一夜にして生じ、一夜にして滅びたこのとうごまの木さえ惜しんでいる。それならば、どうしてわたしが、この大いなる都ニネベを惜しまずにいられるだろうか。」と答えられます。
ブドウ園のたとえは、雇われることを望みながら待っていた人を、主は憐み、同じように恵みを与えられます。

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード