04/12

 イエスがご復活された夜、お弟子さんはどんな気持ちでいたのでしょう。彼らは部屋のカギをしっかりとかけてひっそりと肩を寄せ合い、恐怖に怯えていた。群衆の「十字架につけろ」と叫んだ、その声が耳から離れない。町の人々は残党狩りをしに来るかもしれない。イエス復活という喜び以上に、恐怖は彼らを支配していた。どんなことがあっても従いますと言ったのに、自分たちがお守りしなければならなかったのに、自分たちは裏切った。失格者の自分たちをどのようにされるだろうか。重苦しい空気の中に、弟子たちはバラバラにならず、一緒に集まることで次の一歩を踏み出そうとしていた。そのただなかにイエスは現れ、派遣の言葉をかけられます。私たちの中心にはイエスがいて、励ましてくださいます。そのことを心にとめて、み言葉に励まされともに教会の使命を果たしていきましょう。

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード