05/03

 今週から3週間はイエスの告別説教を学びます。イエスとこの世との権力との対立がいよいよ明確になり、頂点に差し掛かってくるときに、非常に厳しい状況の中で語られた励ましの説教です。
 ヨハネ福音書が書かれた1世紀末は、生前のイエスに出合った人は殆どいなかったでしょう。ユダヤ教からもローマ社会からもキリスト者は排除され、迫害されていました。行くべき方向を見失い、どうやって生きていったら良いのだろう、本当にキリストを信じて生きていくことが正しいことなのだろうか。バラバラになってしまいそうになっている人々に向かって、イエスの言葉を思い起こし、集まるたびごとに励まし合ったに違いありません。
 あなたがたは決して見捨てられない。一人ぼっちにはされない。いつでもどこでも繋がっているよ。それが確信として持つことができるように、聖霊の力が与えられる。あなたが信じていることに突き進みなさい。今もイエスは聖霊とともに私たちを励まし続けておられます。

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード