12/20

 教会では一足早くクリスマスのお祝いをいたします。歴史的にイエスの誕生の日が12月25日だということは書いてありませんから、いつ祝っても構わないと言えばそうですが、クリスマスを祝う前に、もう一度だけ確認しておきましょう。

 年端もいかない乙女マリアを選び、神はイエスの母となることをお決めになりました。どうしよう、どうなるのだろう。彼女はきっと不安だらけだったと思います。思い煩い、悩んだことでしょう。マリアは最終的には歓喜の歌声を歌います。困難や苦しみがあったとしても、神は私たちを愛してくださる。この困難な状況から良い方向へと立ち上がらせてくださる。神が語ってくださったことは必ずそのようになると信じることができた彼女は不安から解放されて喜びに行きつきました。

 暗闇の中に歩む民は光を見た。これは神が私たちに約束してくださったことがらです。このことを信じていくことができますように。そしてその喜びを多くの人々と分かち合いましょう。

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード