01/03

 ヨセフとマリアに愛されて育てられたイエスの家族。その家族はその誕生の時から波乱万丈でありました。身重の身でありながらナザレからエルサレムへの旅をつづけ、旅の途上で出産します。そしてマタイ福音書によればヘロデの難を逃れるためにエジプトへの逃避行へ向かいます。ナザレの村に帰った彼らが順風満帆であったというとそうでもなかったことでしょう。

 12歳になったイエス以後、ヨセフは聖書から消えていきます。早い時期に亡くなったのではないかと言われています。悲しいこと、苦しいことの連続であったと思います。後ろ指を指されながら、ヨセフは大工の仕事をしながらも(今でいうような建築業ではなく、日干し煉瓦を作るような最低の生活をしていたのではないかと言われています)常に神に向き合い、すべての出来事をしっかりと心にとどめ続けていった家庭であったと想像されます。

 聖家族と言いながら、それは悲惨な状況であったと思います。しかし決して彼らは神を忘れることはありません。神を中心とした家族、それが聖家族であり、私たちもその模範に従うような家族(教会)を作り上げていきたいと思います。

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード