04/17

 パウロはアンティオキアで宣教します。しかし必ずしも多くの人に受け容れられたわけではありませんでした。しかしパウロは決して諦めません。良き羊飼いがともにいてくださることを信じて勇敢に語ります。

 この世の力や自分の豊かさを大切に思い、隣人を無視するような人々にとっては、その人々がいかに神を信じて生活していますと言ってもイエスの言葉は不都合なことです。イエスの声に聴き従うことには勇気が必要です。しかしイエスがそうであったように、私たちも苦しむ人に寄り添い、この世の富を享受していくことに奔走するのではなく、小さく貧しくされた人の傍らで愚直に涙をぬぐい続けていく使命が与えられています。

 本当の羊飼いであるイエスは私たちの弱さも至らなさも皆ご存知です。にもかかわらず私たちに語りかけ続けます。私を信じて生きる者には決して滅びることのない永遠の命を与えよう。誰もそれを奪い去ることはできないのだ。あなたがたはみなわたしの宝物だから、絶対的な守りと恵みを与えたいとイエスは願っておられます。その恵みに私たちは今日も応えていきたいと思います。

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード