06/05

 今日の物語には二つの全く異なった集団があります。一つはイエスに出会い、福音の喜びを心に抱いている集団。そしてもう一つは若者を失った絶望の集団。

 悲しみ、苦しみのさ中におかれている集団に対してイエスはストップをかけられます。イエスは絶望の中にある婦人に真正面から出会い、誠実に出会い、方向転換して希望の中を歩むようにとされます。共感して泣くだけではなく立ち上がらせる命の言葉をかけられます。

 私たちも大きな絶望や困難の中におかれてしまったときに間違った方向に行かないようにと、そのただなかでイエスは命の言葉をかけてくださいます。絶望から賛美へと集団が方向転換できます。私たちは本当にイエスによって命の言葉を与えられているという確認があるのならば、絶望が支配するようなこの世界に賛美があふれるようにしていく責任、使命があることを再確認してまいりたいと思います。

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード