05/01

「弟子たちの中に立ち、復活のみ姿を現されたように、わたしたちのうちにもお望みください」と唱和して聖餐式が始められます。主キリストの十字架の死に、弟子たちは怯え、不安と恐れに攻められていた弟子たちに、主は命じられます。

「『イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。』と。

 教会の信仰は、今も復活の主がわたしたちの真ん中に立たれることを信じる信仰です。人間は恐れや不安を抱えて生きています。さまざまな不自由をも抱えています。さらに新たな困難や不自由にも出会います。

 復活の主の信仰は、その只中にある人の群れに、自由と平和を生きる道を、愛と許しの命の道を示し導きます。

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード