04/23

 イエスがそうであれば、わたしたちも死に支配されたままでいることはありえません。これは死なないことではなく「死に支配されない」ということです。悪意ある人間にひどい目に合わされる、しかし自分が愛され尊敬を受けるべき存在として生きることは可能です。加害者を憎み続ければ加害の事実に支配されたままになってしまいます。自然の営みの一つである当然の死ですらわたしたちを支配できない、それが復活信仰です。嫉妬、やっかみ、憎しみ、恨み、悲しみ...。わたしたちはそれらを避けることができない弱い人間ですが、それらに支配されない自由さと真の強さを神は与えてくださいました。罪人ですがわたしたちを支配しているのは神です。

復活節第2主日 A年
 使徒言行録 2章14a, 22~32節
 詩編 111編
 ペトロの手紙一 1章3~9節
 ヨハネによる福音書20章19~31節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード