05/07

 使徒たちは「祈りと御言葉の奉仕」に専念し、それ以外の実践的な奉仕活動はステファノのような人々に分け与えられました。これが執事職の起源です。どんな組織でも役割分担が必要で人にはそれぞれ得意分野がありますが役割に優劣は無いはずです。使徒たちは「食事の世話」ではなく「祈りと御言葉の奉仕」に専念していますが、イエスの務めは人々とともに食事をしたり貧しい人々や病人の世話をすることだったのですから残念です。

 聖公会の執事職は、街の声を教会に伝えること、人々の暮らしの中から教会としての優先課題を抽出して宣教計画を提案する実践的職務です。執事が司祭になり司祭は執事職を含んでいると考えられています。それは執事職こそがイエスご自身の姿にもっとも近い働きだと考えられているからです。

復活節第4主日 A年
 使徒言行録 6章1~9, 7章2a, 51~60節
 詩編 23編
 ペトロの手紙一 2章19~25節
 ヨハネによる福音書 10章1~10節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード