05/14

  「御父をお示しください」と願ったフィリポに対するイエスの答えです。別の所でイエスは「木は、それぞれ、その結ぶ実によって分かる」(ルカ6:44)と言っています。言葉と実際とが同じであれば「名実ともに」真実ですが、言葉だけで理解できないときは事実を確かめることで納得がいくもの。「百聞は一見に如かず」です。教会が正しい方向にむかっているかどうか、聖書を知る人なら誰の目にも明らかなはずです。一見そうは見えなくても実は真実だということもあるでしょうが、複雑な説明や知識がなければ理解できないようなものはホンモノではないでしょう。優しさ、愛情、謙遜、勇気、忍耐、犠牲、赦し...、聖書が示す徳目が「業そのもの」として実践されている教会を見て、人は神の愛を知ることができるはずです。

復活節第5主日 A年
 使徒言行録 17章1~15節
 詩編 66編1~8節
 ペトロの手紙一 2章1~10節
 ヨハネによる福音書 14章1~14節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード