05/21

 悪にもって悪を返さず善いことに熱心であれ。立派で正しい生活をなどできはしない、と考えるかもしれません。もちろん人間ですから欠点はあるはずです。それでも、職場や学校、地域で信頼され必要とされる存在となることはできるはずです。仕事ができるとか役に立つということではなく、皆に親しまれる存在と言えばいいでしょうか。有能でも尊大で怖い人がいます。親しみやすくても影で悪口を言いふらす人もいます。妬んで足を引いたり密かに弱い者いじめをしたり...。もし誰かに、あの人には嫌な思いをさせられたことがない、と言ってもらえるならどんなに素晴らしいでしょう。そして穏やかに希望について語ることができるなら、わたしたちは祝福を受け継ぐものとなることができるはずです。

復活節第6主日 A年
 使徒言行録 17章22~31節
 第148編7~14節
 ペトロの手紙一 3章8~18節
 ヨハネによる福音書 15章1~8節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード