06/18

 通常は「権威」と訳されますがなぜか「権能」となっています。イエスが弟子に与えた権威は「汚れた霊」に対するもので、これはイエス自身の力でもありました。弟子たちが苦しむ人を助け悪と闘うことがイエスの望みです。弟子たちが仲間内で偉そうに振る舞ったり弱いものを困らせる時、イエスが失望し厳しく叱りつけたことを思い出す必要があります。少数意見は無視してもいいという多数派の驕り、偏った意見に従いながら自分は公平に正義を行っているという指導者の尊大さは、イエスから授けられた権威とは無縁の権力であり、それは利己心の現れです。原点は、人間の痛みに対する深い共感、痛みや悲しみに対する感受性、異なる立場の声に耳を傾ける謙虚さではないでしょうか。

聖霊降臨後第2主日 A年 特定6
 出エジプト記 19章2~8a節
 詩編 100編
 ローマの信徒への手紙 5章6~11節
 マタイによる福音書 9章35~10章8, (9~15)節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード