08/27

 イエスは、一番弟子のシモン・ペトロにギリシャ語でペトロ(石)と名付けます。また、アラム語でケファ(岩)とも名付けます。ペトロはガリラヤ湖で漁をしていたとき、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」とイエスに言われると、すぐに網を捨てて従います。湖の上を歩くイエスを見て「幽霊」だと恐れ叫んだにも拘わらず、「主よ、あなたでしたなら、わたしに命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください」と願い、強い風に気付いて沈みかけ、イエスに助けを求めるのもペトロです。今日の福音書で「あなたはメシア、生ける神の子です」と告白しますが、すぐその後で、イエスが殺され復活することを打ち明けますと、イエスを怒鳴りつけるのもペトロです。鶏が鳴く前に三度わたしを知らないと言うだろうとイエスが言われると、一緒に死ななければならなくとも、知らないなどとは言わないと言いながら、三度裏切るペトロでした。そのようなペトロ(石)ですが、イエスはペトラ(岩)の上にわたしの教会を建てると言われます。ペトロは岩の一部の石ですが、従うことを諦めませんでした。主イエスは、完璧な信仰だから選ぶのではなく、おぼつかなくても歩き続ける者の上に教会を建てられます。

聖霊降臨後第12主日 特定16 A年
 イザヤ書 51章1 ~6節
 第138編
 ローマの信徒への手紙 11章33~36節
 マタイによる福音書 16章13~20節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード