FC2ブログ

12/10

 「神の子」は、写本によってはないものもあります。マルコ福音書は「人の子」を用います。しかし、イエスが十字架上で息を引きとられたとき、百人隊長が「本当に、この人は神の子だった」(15:39)と告白した言葉は真実であります。イエス・キリストは固有名詞のように用いられていますが、イエスが「人々は、わたしのことを何者だと言っているか」との質問に、ペトロは「あなたはメシア(キリスト)です」と告白します。イエスは「御自分のことをだれにも話さないようにと弟子たちを戒められた」とあります。ペトロは、キリストの意味を知らずに口走ります。そのキリストであるイエスが、「福音の初め」なのです。福音はユーワンゲリオンで、良い(善い)知らせとなり福音となります。グッド・ニュースです。「初め」はアルケーで原始、根源です。「初め」は時間的なはじめだけではなくその源です。洗礼者ヨハネは、イエス・キリストのために荒れ野で叫ぶ声として登場します。その声は「主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ」です。イエスは神の子キリストとして、一人ひとり苦しむ者の道として生き、十字架の上に死に復活されます。キリストを信じる者は聖霊によって新しくされます。これがよろこびのおとずれです。

降臨節第2主日 B年
 イザヤ書 40章1~11節
 詩編 第85編7~13節
 ペトロの手紙二 3章8~15a,18節
 マルコによる福音書 1章1~8節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード