FC2ブログ

12/24

 マリアの親戚にエリザベトがいます。彼女には子がありません。夫ザカリアに天使ガブリエルが現れ、彼女が男の子を産むと告げます。天使はその子をヨハネと名付けなさいと言います。彼は信じませんでしたが、彼女は身ごもります。その後6ヶ月目に、天使ガブリエルはダビデ家の子孫であるヨセフの婚約者マリアに現れます。天使は、おめでとう (カイロー)、恵まれた(カリトオー)、恵み (カリス) と恵みを連発します。そして、「主があなたと共におられる」とインマヌエルを述べます。マリアは男の子を産む、その名をイエスと名付けなさい。イエスはイェシュアーで「主は救い」という意味です。マリアは「わたしは男の人を知りませんのに」と言います。マリアに聖霊が降り、マリアは聖霊によって身ごもります。マリアは躊躇し恐れます。しかし、天使は「神にできないことは何一つない」と告げます。直訳は「神のすべての言葉は不可能ではない」です。神の一つ一つの言葉は実現します。ヨハネ福音書は「万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった」(1:3)と記します。マリアは「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身になりますように」と信じます。神の言葉は成って、十字架への道を進みます。

降臨節第4主日 B年
 サムエル記下 7章4, 8~16節
 詩編 第132編8~14節
 ローマの信徒への手紙 16章25~27節
 ルカによる福音書 1章26~38節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード