03/25

 今日は、復活前主日でパーム・サンデーです。民は棕櫚を手に持ち歓喜をもってイエスを迎え入れます。ほどなく、民は十字架につけろと叫ぶ群衆と化します。晩餐後、イエスはゲッセマネの園で父なる神に「この杯をわたしから取りのけてください…しかし、御心に適うことが行われますように」と祈ります。十字架の意味を理解できない弟子たちは眠っているのも同然です。イエスは、弟子のユダに裏切られ売り渡されます。イエスは大祭司の庭で裁かれ、死刑の決議を受けます。イエスは目隠しをされ、唾を吐きかけられ、拳で殴られます。それを見ていたペトロは、周囲の問いかけに三度「イエスを知らない」と言います。ローマ総督ピラトは、ねたみで引き渡したことを知っていますが、群衆の「十字架につけろ」の激しい叫びと暴動を恐れ、群衆を満足させるためにイエスに鞭打ち十字架につけるために引き渡します。兵士たちは、イエスに紫の服を着せ、茨の冠をかぶせ、唾を吐きかけ侮辱します。十字架から降りろと罵ります。イエスは十字架上で息を引き取ります。最高法院のヨセフは、勇気を出してピラトに遺体の引き取りを願い墓に納めます。女性たちは墓を確認します。気づいて勇気を出したヨセフと女性たちが真っ先に救いに与ります。

復活前主日 B年
 イザヤ書 52章13~53章12節
 詩編 第22編1~11節
 フィリピの信徒への手紙 2章5~11節
 マルコによる福音書 14章32~15章47節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード