最新の記事一覧

08/27

 イエスは、一番弟子のシモン・ペトロにギリシャ語でペトロ(石)と名付けます。また、アラム語でケファ(岩)とも名付けます。ペトロはガリラヤ湖で漁をしていたとき、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」とイエスに言われると、すぐに網を捨てて従います。湖の上を歩くイエスを見て「幽霊」だと恐れ叫んだにも拘わらず、「主よ、あなたでしたなら、わたしに命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください」と願い、強い風に気付いて沈みかけ、イエスに助けを求めるのもペトロです。今日の福音書で「あなたはメシア、生ける神の子です」と告白しますが、すぐその後で、イエスが殺され復活することを打ち明けますと、イエスを怒鳴りつけるのもペトロです。鶏が鳴く前に三度わたしを知らないと言うだろうとイエスが言われると、一緒に死ななければならなくとも、知らないなどとは言わないと言いながら、三度裏切るペトロでした。そのようなペトロ(石)ですが、イエスはペトラ(岩)の上にわたしの教会を建てると言われます。ペトロは岩の一部の石ですが、従うことを諦めませんでした。主イエスは、完璧な信仰だから選ぶのではなく、おぼつかなくても歩き続ける者の上に教会を建てられます。

聖霊降臨後第12主日 特定16 A年
 イザヤ書 51章1 ~6節
 第138編
 ローマの信徒への手紙 11章33~36節
 マタイによる福音書 16章13~20節

08/27

8月27日(日) 聖霊降臨後第12主日
      10時半 聖餐式
9月2日(土)14時  グレゴリオ聖歌を歌う会
         (講師:橋本周子さん 場所:ナザレ修道院)

★9/3(日)から日曜学校は再開します。
★9月以降の主日礼拝:
 第1日曜日-聖餐式(司式・説教 井口諭司祭)
 第2日曜日-み言葉の礼拝
★9/3(日)愛餐会時  バザー委員会
     午後1時  教会委員会
★9/8 (金)10時半   下町聖書の会
★9/10 (日)愛餐会時  敬老の集い準備会
     愛餐会後  パウンドケーキフルーツ仕込み
★教区フェスティバル 9/18(月・祝) (於:立教女学院)
★敬老の集い 9/24(日)
★創立140周年記念感謝礼拝(主教巡回日) 10/9(月・祝)10時30分

08/20

 今日の福音書は「カナンの女の信仰」とあります。平行箇所はマルコ7:24~30で、「シリア・フェニキアの女の信仰」となっています。新共同訳聖書の地図には、フェニキア地方の地中海側に北にシドン、中部にティルスがあります。
 行かれたは退くという意味があり、イエスは休養を望んでいました。そこに異邦人の女性が来て、悪霊に苦しむ娘を癒してくださいと叫びます。弟子たちは、うるさいので願いをかなえて去らせてくださいと言います。イエスは、イスラエルの失われた羊にしか遣わされていないと拒みます。「主よ、ダビデの子よ」と叫んだ女性は、平伏して礼拝し、「主よ、どうかお助けください」と言います。イエスは、子である失われた民のパンを小犬のような異邦人であるお前にやれないと再び拒みます。女性は「小犬たちであるようなわたしも、主人たちであるようなあなたの食卓から落ちるパン屑はいただきます」」と返します。食卓から落ちるパン屑でよいから与えてくださいとの願いはイエスに届きます。異邦人ではありますが、異教徒ではありません。イエスへの徹底した小さな信仰が大きな奇跡を生みます。

聖霊降臨後第11主日 A年 特定11
 イザヤ書 56章1, 6~7節
 詩編 67編
 ローマの信徒への手紙 11章13~15, 29~32節
 マタイによる福音書 15章21~28節

08/20

8月20日(日) 聖霊降臨後第11主日
      10時半 聖餐式
  24日(木)    使徒聖バルトロマイ日
  25日(金)10時半 下町聖書の会
  26日(土)13時半 宣教・牧会エリアの区分けについての報告会
          (聖アンデレ主教座聖堂)
      14時  教区青年会(東京諸聖徒教会)

★9月以降の主日礼拝は、第1日曜日が聖餐式(司式・説教 井口諭司祭)、
 第2日曜日がみ言葉の礼拝となります。
★教区フェスティバル 9/18(月・祝) (於:立教女学院)
★敬老の集い 9/24(日)
★創立140周年記念写真集、作成中! 創立記念礼拝は10/9(月・祝)です。

08/13

 今日の福音書は「湖の上を歩く」とあります。マルコ6:45~52とヨハネ6:15~21に平行箇所があります。ペトロが湖の水の上を歩く話はマタイだけに記されています。ペトロたちは、イエスによって強いて舟に乗せられ逆風に悩みます。夜通し漕ぎ悩んでいると、水の上を歩く人影が見えます。「幽霊だ」と驚き叫びます。イエスは「安心しなさい。わたしだ(エゴー・エミィ)。恐れることはない」と言います。ペトロは「主よ、あなたでしたら、わたしに命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください」と願います。イエスを見つめているうちは水の上を歩けますが、強い風に気付き沈みかけます。イエスはペトロを捕まえ「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われます。ペテロは水の上に足を踏み出す信仰はありました。しかし、イエスだけを見つめることができず強い風に気を取られました。信仰が薄いことは、信仰がないのではありません。薄い信仰のペトロではありますが、主イエスを見つめる信仰が強められていきます。信仰は、疑いながらも強められていくものです。主イエスへの信仰によって誰でも水の上を歩けます。

聖霊降臨後第10主日 A年 特定14
 ヨナ書 2章2~10節
 詩編 29編
 ローマの信徒への手紙 9章1~5節
 マタイによる福音書 14章22~33節

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

FC2カウンター

QRコード